主な歩みと活動実績

1983年3月所管 外務省より認可、設立
1985年3月インドネシア・ナショナル大学「日本研究センター」への助成
1986年11月「国連加盟30周年記念式典」(外務省、日本国連協会主催)への協力
1987年3月日・独ジャーナリストの相互交換(独コンラート・アデナウアー財団と協力)を1993年1月まで、合計7回実施
1988年5月ベルリン日独センター完成記念演奏会への助成
1990年12月日独有識者が「国際政治における新生ドイツと日本の役割」について討論する「日独シンポジウム」をベルリンで開催
1994年8月北朝鮮の金日成主席の急死に伴い、日韓国際シンポジウム「金日成以後の動向と朝鮮半島情勢」を開催
1994年9月米国の女優エリザベス・テーラーを招き、「エイズに企業はどう取り組むべきか」をテーマに講演会を開催
1994年11月筑波大学と米国メリーランド大学を中心に日米の有識者を集めた国際シンポジウム「日米包括経済協議を越えて-成熟した日米関係の構築」(経団連など主催)への協力
1995年5月英国のマーガレット・サッチャー前首相と渡辺美智雄元副総理による対談形式の講演会「危機管理と政治家のリーダーシップ」を開催
1998年4月第1回レポート発行 特集「アジア通貨危機(タイ国)」
1998年10月第2回レポート発行 国際交流懇話会
1999年4月難民救済を目的とした、電源開発等と鹿児島県の協力に基づき、奄美大島に於ける土壌改良実験研究に三ヵ年計画で協力
1999年6月第3回レポート発行 特集「アジア通貨危機(マレーシア)」
2000年7月第4回レポート発行 アジア通貨危機の終焉と今後の展望
2002年11月「文化フォーラム」の開催(講師:衆議院議員 水野賢一氏、環境省)
2005年3月「日本・アイスランド友好記念レセプション」記念講演会(講師:衆議院議員 土屋品子氏、水野賢一氏)及びレセプションを開催(学生交流団体である「日本アイスランド学生外交会議」を支援)
2006年6月モンゴル国ウランバートル市の環境並びに廃棄物処理の実態についての視察、並びにモンゴル国NGOフフサルヒへのヒアリング調査団派遣
7月「第1回アバダ・カポェイラ トーナメント大会」(於:JICA横浜体育館)をアバダ・カポェイラ・ジャパンと共同開催(カポェイラ=ブラジルの国技といわれる格闘技/ブラジルより数名の師範者を招聘)
10月モンゴル国NGOフフサルヒ主催「市民環境シンポジウム」、並びに、石炭加工燃料の国家基準制定のための調査研究(主体はNGOフフルサヒ)への支援
12月モンゴル国ウランバートル市の大気汚染現況調査団派遣、及び一月開催のシンポジウムの直前会議並びに調査
2007年1月国家技術基準制定・施行記念「モンゴル国・大気汚染改善アクション展」(主催:モンゴル国・燃料エネルギー省、同国・自然環境省、ウランバートル市、NGOフフサルヒ)並びにシンポジウムへの大会委員及び大会実行委員の出席派遣。これに対して、1月末、モンゴル国環境省とエネルギー省からの感謝状が当財団へ授与される
7月「アバダ・カポェイラ・ライブ パフォーマンス フェスティバル 2007」(於:JICA横浜体育館)※アバダ・カポェイラジャパン、ABCジャパンとの共同開催
7月モンゴル国自然環境省、燃料エネルギー省、及びウランバートル市の協力と、モンゴルMRI、モンゴル研究機構、並びにNGOフフサルヒと提携し、モンゴル環境教育委員会を設置
エルデミーン・ウルグー学校の低学年を対象に、環境教育の実施をスタート                                                   
9月財団法人国際平和機構・吉成昇奨学金基金を創設。第一回奨学金貸与候補者をモンゴル国の学生に決定。7名に学費の一部として総額2,000$給付
2008年4月「ブラジル移民と日本の新世紀」と題した公開セミナー(於:JICA横浜ホール)を、4月6日より合計4回開催
5月日本ブラジル交流年記念「日伯文化交流フェスティバル」(於:横浜港大さん橋国際客船ターミナル大さん橋ホール)を2日間にわたり開催
5月第56回ザよこはまパレードへの参加
5月アバダ・カポェイラワークショップ(於:JICA横浜体育館)の開催
5月モンゴル国への支援事業、エルデミーン・ウルグー学校環境教育プロジェクト〔2007-08年〕終了式、及び、環境をテーマにした作文・絵画コンクールの表彰式並びに記念品贈呈式
10月モンゴル国の財団である(財)モンゴル情報・科学交流センターと戦略的パートナー 
として提携、環境教育支援の他、学術的交流等、幅広い分野で支援活動を推進していくことで合意
2009年6月(財)国際平和機構吉成昇奨学基金(第2回)をモンゴル国ウランバートル市内の
国立大学等で募集活動開始
2010年6月オーストリア共和国ザルツブルク市に於ける「小児ガン患者」への支援事業に対し、
支援金を拠出並びに理事を派遣し、EU諸国各関係団体からの支援金と併せ、ユニセフ
へ寄附
2011年3月(財)国際平和機構第2回文化フォーラム-日本の環境問題と国際交流-を開催
(於:憲政記念館)
6月東日本大震災に伴う福島原発事故後の影響と対策研究の為、チェルノブイリへ理事
評議員を派遣、現地管理状況視察とヒアリングを開催
引き続きウィーンへ入り、IAEA訪問、日本の原発事故の現況及び対策について各
委員と2日間に亘りヒアリングを開催、内容を取りまとめ国政へ提言
7月東日本大震災に対する義援金として、開催が危ぶまれていた国指定重要無形民俗文化財
である相馬野馬追へ相馬市を通じ支援協力
9月チェルノブイリへ第二回目の視察派遣
ベラルーシも併せて訪問し、原発事故後の地域住民への健康被害の実態並びに生態系
への影響等について調査、研究を実施
2012年3月(財)国際平和機構第3回文化フォーラム-日本の心と震災復興-を開催
(於:憲政記念館)
11月日本・モンゴル外交関係樹立40周年記念行事 モンゴル環境教育フォーラム実施(於:モンゴル国ヘンティ県)(後援:在モンゴル国日本国大使館)
12月日本・モンゴル外交関係樹立40周年記念行事 日本-モンゴル学生交流フォーラム開催(於:全国町村会館)(後援:駐日モンゴル国大使館、社団法人日本モンゴル協会、日本・モンゴル友好協会)
2013年3月財団設立30周年記念の集い開催(於:ホテルニューオータニ)
4月公益財団法人へ移行
2014年11月福島市と川俣町の児童・生徒が描いた約100点の絵をルーマニア大使館に届け、福島県とルーマニアの交流促進の為の「ルーマニアの子どもたちの絵を届ける」プロジェクトを支援
2015年3月国内外の多様な主体による防災や減災、復興に関する取り組みを一般公開により広く発信する為に、第3回国連防災世界会議パブリック・フォーラムを共催
2016年3月ベトナム・ハノイで開催されたThe 3rd International Scientific Conference on Material Cycle and Waste Management (3RINGs)に参加し、「Analyses of a Waste Management Company Activities in the Great East Japan Earthquake」を発表
2017年7月川崎市と共に駐日オーストリア大使に、ザルツブルク市宛ての桜の木贈呈目録を交付
ザルツブルク副市長出席のもと、ザルツブルク市において行われた植樹式へ参加